2017年12月29日(金)
今年は「くるま旅」に出られなかったな~。


曽我梅林


箱根(山のホテル)


月の石紅葉公園
昨年(2016年)4月に妻に子宮頸癌が見つかり5月に検査、6月に入院、抗がん剤と放射線療法による治療、8月に治療終了。体力の低下で以後の車旅を断念することに。秋には近場の紅葉見物には出かけられる程度に回復。ヤレヤレの1年でした。
年が明けて「今年こそは車旅に出るぞ」と意気込んでいた矢先、4月中旬、妻に「いつの間にか骨折」が判明。恥骨及び仙骨の骨折で歩行困難に。当然キャンピングカーへの乗り降りもきつくて旅に出られず。
6月には帯状疱疹を発症。疱疹自体は10日ほどで完治したが後遺症の神経痛に悩まされる始末。
追いかけるように私にも癌が見つかる。悪性リンパ腫とのこと。8月入院。抗がん剤治療。12月末治療終了。これで終わりかと思えば11月に帯状疱疹を発症。左側首から背中、腕に至るまで疱疹が広がる。噂には聞いていたが痛い。まるでやけ火箸を当てられたような痛み。今も後遺症の神経痛に悩まされています。・・・・とまあ~こんなことでキャンピングカーの出番はないままに1年が終わってしまいました。
残念。
  来年こそは旅に出るぞ~
2017年3月31日(金)
RVパーク「湯の花あじさい」/愛知県

伊勢湾岸道刈谷PAにて昼食&夕食材を購入し愛知県のRVパークへ。湯の花あじさいは東名蒲郡ICからおよそ30分にある大きな日帰り入浴施設。広い駐車場の一角に4台分の電源サイトがあった。電源容量は10A。利用料は電源込みで2,000円。これで23時の閉館時間まで何度でも出入り(入浴)」できるのが有りがたい。更に翌朝6時からの朝風呂も無料で利用できとてもラッキー。フロントの対応もよく大満足。。。だが難点が一つ。それは夜間トイレ。施設閉館後はお隣のニトリのトイレを使うよう指示された。距離も離れているのでトイレ無しの車ではチト辛いかも…。
翌朝朝風呂に入ってから東名経由で自宅に戻りました。

2017年3月30日(木)
RVパーク「湯元 榊原館」/三重県

津かわげ~RVパーク「津う」に向かう。RVパークはコインランドリーせんたくやさんが目印になっており駐車場を通り抜けた先にあった。洗濯物が溜まった時に利用すると便利。広い駐車場は砂利で電源は延長コードで引くことに。夜間トイレは敷地内に簡易トイレを設置。
津にもう一か所新しくRVパークができており、そちらは温泉入浴ができるのでそちらを予約。榊原温泉は枕草子にも詠われたいで湯の里。お伊勢さん湯ごりの地。恋の湯治場としても名高い。.大きな旅館で日帰り入浴は別棟の「湯の庄」へ。利用料@2,000円。電源サイトは3台分。夜間トイレはロビー奥にあり23時まで使える。湯の庄は単純泉で泉温31.2℃。入浴料は@1,000円だった。

2017年3月30日(木)
新しい道の駅「津かわげ」/三重県

奥伊勢おおだいで隣接する大型スーパに立ち寄り昼食と夕食材を購入後新しい駅へ。津の北の玄関口にある道の駅。海の物、山の物、津の物すべてがそろうかわげの丘。スタンプ有。切符購入(No.2485)。

2017年3月29日(水)
新しい道の駅「熊野・花の窟」/三重県

和歌山県かつらぎ町に4月2日グランドオープン予定の道の駅「くしがきの里」を訪ねる。レストランやパン工房は準備が進んでいた。プレオープンしていたこともありスタンプが準備されていた。~杉の湯川上~吉野路上北山(ここで昼食)~さくら祭りの会場になっている下北山温泉へ。今年は甲斐かが遅れており4月1日・2日の祭りには間に合いそうもない情況。天然温泉きなりの湯は入浴料@600円。塩化物泉で泉温26.4℃。
このあと、新しくオープンした道の駅「熊野・花の窟」へ。花の窟は日本最古の神社と言われている世界遺産の「花の窟」に隣接する観光施設。ご神体は高さ45mもある大きな岩だった。スタンプあり、切符購入(No.711).~紀伊長嶋まんぼうのレストランで夕食&車中泊。

2017年3月29日(水)
新しい道の駅「青洲の里」/和歌山県

昨日休館日だったので本日再訪。フラワーヒルミュージアムが駅になっており開館が10時からだったので時間待ちの間農産物直売所のおばさんたちと談笑。華岡青洲は麻酔薬通仙散を完成させ1804年世界初の全身麻酔による乳がん摘出手術に成功した。外科医学の発展に多大なる功績を残している。道の駅は物産所も含めて増築されるそうだ。スタンプあり。切符購入(NO.736)。

2017年3月28日(火)
新しい道の駅「かつらぎ」/奈良県

2016年11月にオープンした駅。南阪奈道葛城IC側にある。カフェ、レストラン、農産物直売所がある。広い駐車場だが夜間トイレは第二駐車場にある。スタンプ有。記念切符は未発売だった。
かつらぎ西~柿の里くどやまにて昼食(パスタランチ)~かつらぎ温泉・八風の湯(塩化物泉、化石海水、炭酸塩泉など4源泉かけ流し、入浴料@800円)~紀ノ川万葉の里にて車中泊。

2017年3月27日(月)
月ヶ瀬梅渓・梅まつり/奈良県

2月19日~3月31日まで開催中の梅まつりに行きました。月ヶ瀬梅林は1922年(大正11年)に全国で初めて国の名勝指定を受けている。ロマントピアから梅香庵~いこい茶屋~うぐいす茶屋を回るコースを散策。枝垂れが満開でとても見事だった。「春もややけしきととのふ月と梅」/芭蕉、「雪の降る夜うぐいすは梅の花咲く夢を見る」/野口雨情。

2017年3月27日(月)
墓参り/滋賀県&RVパーク「月ヶ瀬ロマントピア」/奈良県

3月25日:自宅~東名~伊勢湾岸刈谷PA(昼食&かきつばたの湯に入浴)~土山SAにて夕食&車中泊
26日:大津IC~墓参り~実家に立ち寄り~蛍の湯に入浴~琵琶湖大橋米プラザにて車中泊
27日:京都府の新しい道の駅「お茶の京都みなみやましろ村」へ。4月13日オープン予定で最後の追い込み中だった。~RVパーク「月ヶ瀬ロマントピア」へ。月ヶ瀬梅林に近く大きな駐車場の一角に電源サイトが5台分用意されていた。丁度昼食時間だったので食堂で囲炉裏焼き(シイタケ、こんにゃく、餅など)と田舎うどんを食べる。ここで泊まる予定だったが夜間トイレがサイトから傾斜のきつい階段を上がった食堂の施設を使うため足の悪い妻が嫌がり梅林の散策にとどめる。入浴は近くの月ヶ瀬温泉へ。単純泉で泉温28.8℃、pH7.82、入浴料は割引券使用で@500円でした。

2017年2月25日(土)
RVパーク 七里川/千葉県

昨年12月12日に登録されたRVパークを利用し早春の房総を回ってきました。RVパークは七里川温泉にあり電源サイトが3台分、電源なしが2台分あり本日の車中泊は3台でした。先週末は満車だったそうです。ゲストハウス、洋式トイレ、洗面所、流し、水道などが完備されておりゴミ処理も100円で可能。道向かいには七里川温泉があり@800円で入浴できた。内湯と露天(2湯)がありどちらも源泉かけ流し。泉質は硫黄泉、泉温16℃、pH7.9。囲炉裏が多数用意されていて歓談には最適。2014年3月17日にも利用させていただいた温泉です。
26日は、道の駅「鴨川オーシャンパーク」~「和田浦WA・O/ここで鯨弁当購入」~「ローズマリー公園」~「ちくら潮風王国」/ここで花摘み。すごい人出でおお賑わい」~白浜野島崎/ここもRVパークにに認定されており電源付きサイトが3台分確保されていた。~「南房パラダイス」~「富楽里とみやま」で買い物(イチゴと夕食材)の後アクアライン経由で帰宅。天候もよく、暖かな一日でした。

2017年2月16日(木)
河津桜

2月10日に開幕した「第27回河津桜祭り」。今年は例年と比べると開花が早かったようで河津川沿いの桜並木は丁度満開で見頃を迎えていました。相変わらず大勢の人で賑わっていました。駐車場がどこも満杯で停めるのに苦労しました。(駐車料700円)。
このあともう一か所河津桜の名所、南伊豆町・下賀茂温泉(青野川沿い)に行きました。、こちらでは、「みなみの桜と菜の花祭り」開催中です。河津よりはやや遅れて開花したようで満開にはあと数日かかるような印象でしたがライトアップもされていて幻想的な夜桜が楽しめました。道の駅「下賀茂温泉」に車を停め(駐車料金500円)600mほど離れた日帰り温泉「銀の湯会館」へ。入浴料1000円。泉質は塩化物泉で泉温100.7℃。道の駅の駐車場は車中泊の車でいっぱいでした。とても暖かな一日でした。17日は朝から強風が吹き、荒れた天気になりました。

2017年2月15日(水)
まつだ桜まつり

2月11日から3月12日まで開催中の桜まつりに行ってきました。ここの桜は早咲きの河津桜。今年も開花が早く松田山西平畑公園の桜は満開だった。昨日は富士山が雲に覆われていたが今日は見ることが出来た。子供の館では鄙の吊るし飾りイベントが開催中だった。

2017年2月14日(火)
曽我梅林

2月4日から3月5日まで開催中の曽我梅まつりに行ってきました。今年は富士山が雲に覆われて見られなかったのが残念ですが梅は見頃のものが多くて楽しめました。

2017年2月3日(金)
熱海・湯河原

今年の熱海、糸川桜は年末に開花し見頃のピークは1月20頃で昨年同様1週間ほど早かったために訪れた時にはほとんどが散っていた。
一方湯河原の幕山公園の梅はチラホラ先の状態で明日から開幕する梅まつりに間に合わない状況だった。