2015年12月16日(水)
よみうりらんど・ジュエルミネーション/神奈川県

8年前まで住んでいた読売ランド。夕方の散歩コースはいつもよみうりらんどだった。10月16日から始まっているイルミネーション。お目当てはアクアジュエリービーチで開催される「イルミネーションショー/光と音と噴水のダイナミックショー」。さすがにラスベガスの噴水ショーにはかなわないがたっぷり楽しめました。
ジュエリーカラーで彩られた遊園地エリアを散策した後、隣にある日帰り入浴施設「丘の湯」へ。昔とちっとも変っていなかった。

2015年12月9日(水)
そば季寄・季作人/神奈川県

キャンピングカーのベース車両であるカムロードと町乗り用のプリウスの整備をお願いしている横浜トヨペット。9月に実施された「エスコート10daysキャンペーン」に応募したところ2,200件を超える応募の中から見事当選。賞品のペアー御食事券の対象先が小田原にある「季作人」。平日にも関わらずほぼ満席の状態。料理はお任せの会席膳フルコース。刺身盛り合わせや白子の天ぷらなどの(海)、足柄牛の朴葉焼きやローストビーフなどの(山)、締めはやっぱりお蕎麦でした。テラスからの相模湾は眺望抜群。ご馳走様でした。お土産は干物詰め合わせとミカン。横浜トヨペットさん・・有難う。

2015年12月1日(火)
さがみ湖イルミリオン/神奈川県

「関東最大、550万球の光の祭典」を観てきました。昔ここが相模湖ピクニックランドだったころに子供連れで遊びに来たことがあるがすっかり様変わりしていた。イルミリオンは今年で7年目。16時ナイト料金800円で入場。17時点灯までの時間ワイルドダイニングで早めの夕食。点灯と同時にレストランはガラガラに。順路案内に沿って「光のビッグベン」~「光の花畑」~「光の動物園」~「光のナイヤガラ」~「光の海」~「ロンドンバスイルミネーション」~「光のイングリッシュガーデン」を回る。黄色、ピンク、緑、青・・・とテーマに合わせたLEDが使われておりとても綺麗で幻想的な光景だった。鑑賞後は施設内にある相模湖温泉「うるり」へ。入浴料950円。泉質は高濃度炭酸泉。泉温28.7℃、pH9.6。入浴したら駐車料金1000円が払い戻しされ何だか得した気分に。

2015年11月29日(日)
新しい道の駅「清川」/神奈川県

清川村役場の前に以前からあった農産物直売所がリニューアルして道の駅になった。オープンは先週の土曜日(11月21日)。物産品直売所には地酒「盛枡」も置いてあった。自宅から一番近い道の駅。日曜日とあって駐車場にはケータリングカーも2台出店していた。スタンプは2階情報コーナにあり。記念切符は未発売とのこと。

2015年11月21日(土)
中伊豆ワイナリーシャトーTS/静岡県

快晴。富士山がクッキリ。紅葉とうっすらと冠雪した富士山・・とても綺麗。昨晩車中泊したホテル内の縄文之御神湯へ。朝風呂には誰もいない。車に戻り朝食。その後お目当てのシャトーTSまでは遊歩道「十二支めぐり」を歩いて登る。シャトーではちょうど結婚式の準備中だった。中伊豆ヌーボーは11月7日に解禁されており@2,160円。白、やや甘口。お土産用にワインとチーズセットを購入。3連休とあってか大型の観光バスも多かった。

2015年11月20日(金)
湯YOUパーク「ホテルワイナリーヒル」/静岡県

お目当ては二つ。一つは天然温泉かけ流しの「縄文之御神湯」。もう一つはシャトーTSでのランチバイキング。ホテルフロントで車中泊利用料2000円と入館料720円を支払いロッカーキーをもらえば入館は随時OK.。シャトーTS内にあるレントラン「カイリフォルニア」は本日貸し切りでお目当てのランチバイキングは食べられず。止む無くもう一方のレストラン「ナパバレー」でパスタランチをいただく。その後入浴。泉質は硫酸塩泉。泉温55℃。pH8.6。日帰り客も少なく貸し切り状態だった。大広間が休憩所になっておりくつろげる。車中泊サイトはホテル駐車場を利用。24時間利用可能なトイレはホテルロビーにある。テニスコート、野球場、プール、サッカーグランドなどのスポーツ施設も完備されていた。

2015年11月13日(金)
細野高原と三筋山/静岡県

伊豆・稲取町の山側、標高400m付近から821mの三筋山まで広がる広大なススキの原。面積は125haと箱根仙石原の7倍もある。イベント開催中で@600円を払って入山するとイベント広場から中山1号湿原~中山2号湿原~桃野湿原~三筋下駐車場までシャトルタクシーが無料で利用できる。ここから三筋山山頂までは15分程度。頂上の展望台からは太平洋が広がり伊豆大島や利島、新島、式根島、神津島が見渡せる。散策コースや下り徒歩ルートもよく整備されていた。往復路とも道が狭いが駐車場はビックリするくらい広かった。2月には山焼きが行われるそうで、その後が山菜採りなどのイベントも開催されるようだ。

2015年11月12日(木)
湯YOUパーク「クアハウス石橋旅館」/静岡県

下田温泉・蓮台寺。何時もは道の駅「開国下田」や「下賀茂温泉」で車中泊しているが蓮台寺は初めて。立派な玄関で歴史を感じる。フロントにて受付。車中泊利用料2,160円、入浴料1,080円x2名分を払う。車中泊サイトは旅館駐車場で広い。隣は学校のグランド。ロビーから風呂場に」行くには長いトンネルを二つ抜けるのが珍しい。内湯、打たせ湯、寝湯、珍しい箱蒸し風呂、露天がある。ゲーム機、卓球台、トレーニングマシーンなどもあり旅館というよりクアハウスの趣。泉質は単純泉、pH7.9と書かれていた。昨日は中国からの団体客で混雑していたそうだが今日は我々だけでゆっくりできた。

2015年11月12日(木)
伊豆の秋/静岡県

最初に訪れたのは「修善寺自然公園・もみじ林」。1haに約1000本の紅葉群生林がある。今週末から紅葉祭りが始まるようで公園内の紅葉はこれからが見ものに。次いで「虹の郷」へ。広い園内を散策。イギリス村~カナダ村~匠の村~日本庭園~伊豆の村とぐるっと1周。次いで道の駅「天城越え」へ。ここに駐車し、昭和の森会館へ。庭内では撮影会もやっていたが紅葉は多くない。昼食後踊り子歩道を滑沢渓谷まで歩く。この後下田に向かう。

2015年11月11日(水)
湯YOUパーク「伊豆長岡温泉・南山荘」/静岡県

山中湖周辺の紅葉見物の後伊豆長岡温泉へ。湯YOUパークは別館(離れ)玄関前の駐車場で24時間トイレや風呂場にも近いところだった。本館ロビーで受付。利用料2,000円と夕食2500円x2名分を支払う。温泉入浴料と朝食込みの料金なので割安感がある。お風呂は何度でも自由に入浴できる。露天風呂が休止中だったのは残念だったが男女交代制の富士見風呂、石風呂の二つに入浴。泉質は単純泉で泉温59.6℃、pH9.1。夕食はミニ会席膳。朝食は和食のバイキングだった。広い旅館でロビーと離れの間や風呂場とは急な階段がいくつもありまるで迷路だった。夕方遅くに中国人の団体客が到着し風呂もにぎやかだった。

2015年11月8日(日)
秋の小淵沢/山梨県

11月4日~7日まで小淵沢の別荘に滞在。畑の雑草狩り、枝木の選定、チューリップの球根や玉ねぎの苗を植えたりしてきました。チューリップの球根は一昨年鹿か猪に食べつくされて全滅したが懲りずにまた植えて見ることにした。このあたりでは吊るし柿が始まった。我々も大きな百匁柿を買って干し柿に。2週間から1ケ月後が楽しみだ。4日間快晴に恵まれたこともあり清里高原、吐竜の滝、県営牧場をハイキングしたり、増富温泉から瑞牆山周辺のクリスタルラインをドライブしたりと紅葉狩りを楽しみました。

2015年10月24日(土)
新しい道の駅「すさみ」/和歌山県

22日:紀勢自動車道南紀白浜~すさみ南が8月30日に開通した。これに合わせて9月5日にすさみ南インター出口に新しい駅がオープンした。エビとカニの水族館を併設。テラス席からの眺めが良い。夜間トイレは工事中のため仮設トイレが設置されていた。スタンプ有。記念切符購入(No.203).近くに温泉が無いためここでの車中泊を諦め「橋杭岩」で車中泊。入浴は高台にあるサンゴの湯へ。本州最南端の湯で入浴料410円。
23日:紀伊長島マンボウに立ち寄り昼食用の寿司を購入。紀勢自動車道~伊勢自動車道~伊勢湾岸自動車道刈谷PAにて入浴(かきつばたの湯)&車中泊。
24日:東名高速で一路自宅へ。今回3週間のくるま旅で訪れた新しい道の駅は12駅。RVパークは6か所。一日も雨に合うことも無く晴天続きで快適な旅が楽しめました。

2015年10月22日(木)
新しい道の駅「くちくまの」/和歌山県

H27年7月12日、紀勢自動車道上富田開通に合わせて道の駅もオープン。上富田ICから0.5km上り線PAが道の駅になっていた。レストランで昼食。ご当地和歌山ラーメンと名物のサンマ寿司。昼食を済ませた後、7.5km離れた興禅寺へ巨大な白達磨を見に行く。参拝後すさみへ。スタンプ有。切符購入(No.283).

2015年10月21日(水)
新しい道の駅「かつらぎ西」/和歌山県

19日:松山から琴平に。滝の宮で洗濯し香南楽湯で入浴&車中泊。
20日:津田の松原でうどんを食べ淡路で入浴&車中泊。松帆の湯からの淡路大橋はライトアップされて露天からの眺めが良かった。
21日:淡路大橋を渡り大阪を抜け和歌山へ。H27年5月1日から供用を開始した新しい駅「かつらぎ西」へ。京奈和自動車道上り線のPAが道の駅に。ここでの車中泊をあきらめ「紀ノ川万葉の里」で車中泊。入浴は八風の湯。入浴料@1000円。スタンプ有。切符未発売。

2015年10月18日(日)
RVパーク「虹の森公園」/愛媛県

大分臼杵から愛媛県の八幡浜に向かうオレンジフェリー。予約も無く出港時間もわからないままとりあえず行くとちょうど11時35分の乗船中。切符を買う時間も無く船内発券ということで乗船することができた。ラッキー。13時55分八幡浜に到着。道の駅「うわじまきさいや」に立ち寄り夕食材を購入し本日の車中泊地RVパークへ。ここは道の駅でもある。H27年8月6日から運用が始まった。4台分の電源サイトがあり、道の駅に併設されている「おさかな館」で手続きが出来る。利用料は1500円。ゴミ処理は別途500円が必要。但し17時まで。森の国ガラス工房かざねがありハロウイン用の可愛いガラス細工品が目を引いた。入浴は川向こうのぽっぽ温泉へ。65歳以上は410円。単純泉(冷鉱泉)。泉温19.4℃。pH8.6。RVパークが道の駅の駐車場の一角にあるため24時間トイレと水は共用。よって電源とゴミ処理が不要の場合は同じ場所で無料で車中泊が出来ることになる。

2015年10月18日(日)
新しい道の駅「北方よっちゃみろや」/宮崎県

H27年4月29日から供用を開始した新しい駅。延岡から高千穂に向かうR218号線沿いにある。建物は以前からあったようで新しくは無い。本日は日曜イベントで「柿次郎フェアー」が開催されており大勢の方が柿を買っておられた。中には何箱もを宅急便で送る人もおられた。屋台では天ぷらも売られていた。スタンプはあったが記念切符は未発売とのこと。

2015年10月17日(土)
RVパーク「高鍋温泉めいりんの湯」/宮崎県

RVパークは温泉から少し離れた「めいりん公園」駐車場の一角に設けられていた。3台分のスペースがある。トイレと水は公園設備と共用になっており公園側の駐車場を使えば利用料無しでも車中泊ができるようだ。このRVパークの管理は高鍋町産業振興課のため管理人が常駐しているわけでもなく、また「めいりんの湯」でも受け付けてくれないので予約は必要。めいりんの湯は入浴料500円。塩化物泉。泉温48.4℃。海鮮問屋「讃岐屋」があり、海鮮丼(1200円)と季節限定のさんまづくし御膳(1200円)がお勧め。時間に余裕があったため近くの高鍋湿原を散策した。この先の道が行きどまりのため車の往来も少なくとても静かです。

2015年10月16日(金)
RVパーク「たかざき」/宮崎県

RVパークは高崎総合公園内の駐車場の一角に5台分のスペースと電源が設置されていた。受け付けは敷地内の温泉入浴施設「ラスパたかざき」。利用料は1000円と格安。受付をすませると電源BOXの鍵がもらえる。公園には夜間もプレーできるテニスコート(4面)、パークゴルフ場(5コース)、遊具広場、多目的広場、温泉交流施設、プールなど設備充実。近くにはたちばな天文台もある。温泉はRVパーク利用者は@300円。塩化物泉。泉温41.8℃。pH7.0だった。RVパークの前が大駐車場で24時間使えるトイレや水飲み場があり電気とゴミ処理が必要ない場合は無料の一般駐車場で車中泊も可能。今夜は大型のバスコンとバンコンが各1台車中泊していた。

2015年10月15日(木)
新しい道の駅「野方あらさの」/鹿児島県

垂水に立ち寄り夕食の食材を仕入た後、H27年3月6日にオープンした新しい駅へ。新しい道路開通に合わせてコンビニ(ローソン)がオープン。道の駅はローソンの一角に情報提供のためのコーナが設けられただけの駅。ここでの車中泊をあきらめ「くにの松原大崎」で入浴&車中泊。

2015年10月14日(水)
RVパーク「いさ曽木の滝」/熊本県
伊佐市の曽木の滝公園は東洋のナイヤガラと言われているだけあってスケールの大きな滝だった。九州では道の駅「原尻の滝」も有名だが曽木の滝のほうが見ごたえがある。展望台や発電所跡を回る遊歩道もある。お土産屋の「福姫かっぱ」で手続きをする。利用料1500円を払うと何故か500円玉3個が手渡された。このお金はRVパークに電源を供給するコインスタンド用で1コイン(500円)で5時間使える仕組み。・・・ということは電気を使わなければ無料で車中泊できるということなのかい?翌朝ゴミも無料で処理していただきました。一般用大駐車場にも車は無くトイレは24時間使えるし、水場もあるので公園駐車場なら無料で車中泊できそうだった。
2015年10月13日(火)
RVパーク「阿蘇マロンの樹」/熊本県

あそ望の郷くぎのから今夜の宿泊地RVパークに向かう。熊本空港の近くらしいがカーナビでは検索できず近くをうろうろ。結局オーナーさんに電話してやっとこたどり着く。最初から近くの「風の里キャンプ場」を目指せばよかったのだが・・・。着いたところは可愛いカフェレストランで周りには栗の木が一杯。2匹のセラピー犬がお出迎え。利用料一泊1500円。天然水でいれた美味しいコーヒをご馳走になる。ここの栗の渋川煮はとても美味しかった。お店が閉まると誰もいなくなり静寂が・・。満天の星を見ながら車中泊。入浴は9km離れた空港近くのホテルエミナース、七福の湯へ。塩化物泉で泉温33.8℃。家族券(2名分)を買えば750円で2名入れる。

2015年10月13日(火)
新しい道の駅「あそ望の郷くぎの」/熊本県

H27年4月から供用を開始した新しい駅。とにかくでかくて広い。多分道の駅では一番かも?。南阿蘇村の高原地帯にあり阿蘇山が望める場所に11ものスポットがある。パークゴルフ場も食事処もあり家族連れで一日中楽しさを満喫できるところ。丁度コスモスが満開でのんびり滞在。湧き水もいただけるし阿蘇の赤牛も食べられるレストランもある。スタンプ有。記念切符は未発売。。

2015年10月12日(月)
新しい道の駅「うしぶか海彩館」/熊本県

H27年4月から供用を開始した新しい駅。道の駅としては珍しいフェリーターミナルが道の駅と海の駅に。フェリーターミナルなら鹿児島の山川港、愛知の伊良湖クリスタルポルト、秋田のあきた港などがある。ここからは蔵乃元に渡れる。スタンプ有。切符購入(No.292)。入浴は牛深に行く途中で見つけた下田温泉センター白鷺館。泉質は炭酸水素塩・塩化物泉。小さな温泉街でした。

2015年10月12日(月)
新しい道の駅「上天草さんぱーる」/熊本県

H27年4月から供用を開始した駅で建物は以前からあったようだ。何度も通った道だが素通りしていたようだ。広い駐車場があり物産館、レストラン、農村公園などがある。スタンプあり。切符未発売。近くの温泉はスパタラソ。歩いてでも行ける距離の高台にある。

2015年10月11日(日)
RVパーク「FUKUOKA HAKATABASE」/福岡県

つわものツアー指定のスポット。板付空港に近い市街地にあるモステック株式会社の大型倉庫前の駐車場がパークになっていた。大型倉庫の1階はバイクヤード、クライミングウオール、BBQ設備、カラオケルームなどがある。受付横にはカフェバーもあったが運用はされていなかった。受付をすませるとカードキーがもらえる。このキーでトイレに自由に出入りできる仕組み。2階は簡易宿泊所にもなっており3段ベッドが2列とシャワー室があった。今夜の利用客は韓国の若者2名だった。利用料金は3000円(消費税別)。電気500円、ゴミ処理500円なので合計4000円がかかる。どのRVパークより高額なのは市街地のせいか?入浴は3.4km離れた空港近くの月の湯へ。ラジウム泉で入浴料700円。飛行機の離発着で騒音もひどい。

2015年10月10日(土)
新しい道の駅「潮彩市場防府」/山口県

本日オープンの駅。多分午前中はイベントもあり混雑が予想されるため「それーね周南」で時間調整。時間待ちの間に湯野温泉へ。湯野荘は単純硫黄温泉で入浴料は475円。午後3時、そろそろ混雑も収まっただろうと道の駅へ。駐車場は満車だったがあちこちに大きな駐車場があるため問題なく駐車で来た。1階には魚屋さんが9軒、2階には食堂とイベント広場がある。やはり一番のお勧めは海鮮丼。翌日10時からのイベント(和太鼓競演)を見るため今夜はここで車中泊。

2015年10月9日(金)
新しい道の駅「上関海峡」/山口県

三原神明の里に立ち寄りタコ飯たこ天を仕入たけはらで夕食材を買って上関へ。この駅は昨年末にオープンしていたが来るチャンスが無く今日の訪問となった。ヨットの寄港地でもありクルーザが4艇入港していた。入浴は道の駅近くにある上関海峡温泉「鳩子の湯」。入浴料600円。塩化物冷鉱泉。泉温22.8℃。pH6.6。瀬戸内海が一望できる露天風呂が良い。ここ以外にも3.4kmほど離れたところにある上関温泉「シーサイソホテル」でも入浴できる。名物は海鮮丼と鳩子てんぷら。。スタンプ有。切符購入(No.253)。

2015年10月8日(木)
新しい道の駅「世羅」/広島県

遊YOUさろん東城~帝釈峡(神龍橋から遊歩道散策)~H27年5月23日にグランドオープンした新しい駅「世羅」へ。駅は尾道道世羅IC側にある。産直広場、飲食店もありここで昼食。入浴施設は「せら香遊ランド」と「せら温泉」がある。スタンプ有。記念切符購入(No.262).。クロスロードみつぎまで走りここで車中泊。

2015年10月7日(水)
RVパーク「西山高原」/岡山県

メルヘンの里新庄~醍醐の里を経由してつわものツアー指定スポットの西山高原へ。途中ところどころ狭い道があり離合は無理。対向車が来ないことを念じながら無事到着。備中湖が見下ろせるキャンプサイト、2棟のコテージとRVパークがある。H27年5月3日が開設記念日だそうだ。どのサイトにも電源があり利用料2000円を払えば自由に使える。管理は西山観光振興組合。本日の利用者は2組(1組は単車/テント)。翌朝6時、朝日が昇る。備中湖周辺は見事な雲海につつまれていた。

2015年10月6日(火)
新しい道の駅「奥大山」/鳥取県

神話の里白うさぎ~はわい~北条公園~蒜山高原に立ち寄った後、本年4月24日から供用が開始された新しい駅「奥大山」へ。米子自動車道「江府」IC近くのR181沿いにある。さほどおおきな道の駅ではなかったが農産物直売所がありました。スタンプ有。切符購入(NO.446)。いったん蒜山高原まで戻り、日帰り温泉「快湯館」へ。単純弱放射能泉。割引券あり600円。泉温18.3℃、pH8.0.。入浴後道の駅「風の家」にて車中泊。

2015年10月5日(月)
新しい道の駅「きなんせ岩美」/鳥取県

本年7月20日から供用を開始した新しい駅。隣にGSとスーパーがありコンビニ(ローソン)も併設されているのでとても便利。直売所では新鮮な魚がいっぱい並んでいた。早くに到着したので浦富海岸へ。鴨ケ磯駐車場に車を停め自然歩道を歩く。結構急で長い階段が続くが景色は抜群。入浴は3.5kmほど離れた岩井温泉ゆかむり温泉へ。入浴料310円。硫黄塩泉。泉温49.5℃、pH7.1。スタンプ有。切符は未発売だった。ここで車中泊。

2015年9月22日(火)
新しい道の駅「アグリパーク竜王」/滋賀県

4月から供用を開始した新しい駅だが施設は前からあった農業公園。今日は連休中ということもあってかいっぱいの人で臨時の駐車場まで入場待ちの車で行列が出来ていた。お目当ては梨やブドウのもぎ取り。レストランでは近江牛が、パンやさんでは近江牛のハンバーグを売っていた。とても美味しい。第2駐車場脇の池では足漕ぎボートのスワン号にも行列が出来ていた。スタンプあり。記念切符購入(No.536)。

2015年9月21日(月)
新しい道の駅「妹子の郷」/滋賀県

昔滋賀県大津市に住んでいたころ毎週のように通った比良山に近いところに道の駅が出来た。一般国道161号線(湖西道路)の休憩所(PA)に併設されており上下線とも入れるようになっている。物産販売所、レストラン、コンビニ(ローソン)がある。営業時間が19時までなので注意が必要。レストランでは近江牛が食べられる。今夜はここで車中泊です。スタンプ有。記念切符未発売。

2015年9月20日(日)
新しい道の駅「京丹波味夢の里」/京都府

7月にグランドオープンした新しい駅。京都縦貫自動車道のPAに併設されており一般道からの入場者と合わさり大混雑だった。広い駐車場は入場待ちの車の行列ができ、駅内のレストランも行列が、物産所も大混雑。我々のお目当ては地元の丹波ワインと地酒「長老」。ここでの食事を諦め早々に退散。スタンプあり。記念切符購入(No.667)。

2015年9月20日(日)
RVパーク「京都南 鴨川RVサイト」/京都府

稲荷大社で有名な京都市伏見区の鴨川沿いにバンテック京都が運営する都市型RVパークが誕生した。このサイトの特徴は利用料金が一般の有料駐車場と同じ時間単位の課金制であること。サイトは電源設備有が4台分。無しが4台分となっていた。秋彼岸の連休中は予約でいっぱいとのこと。更に他のRVサイトではお目にかかったことが無いダンプステーションがある。カセットタンクも丸洗いできる「呑むぞうくん」が設置されていた。早速100円で実演。トイレ、シャワー室、ランドリー、炊事場もありいたれりつくせり。京都観光の拠点としてお勧めのパークだった。

2015年9月18日(金)
つわものツアー「山中座」/石川県

山中温泉にある演芸場。山中伝統の芸能を楽しむところ。広場には足湯、からくり時計もある。山中座左手には菊の湯(女湯)がある。男湯は少し離れた別の建屋になっていた。入浴料は440円。湯船が深く広い。また天井も高く開放感もある。泉質は硫酸塩泉。泉温49.8℃。pH8.5。道の駅「山中温泉ゆけむり健康村」から約1kmのところにある。山中座の無料駐車場は10台分しかないので有料駐車場に入れるか道の駅から歩くのも良い。

2015年9月17日(木)
つわものツアー「ねやフィッシングパーク太公望」/石川県

第一回のつわものツアーでも指定スポットになっていたところ。以前は無かったが駐車場がRVパークに登録されていた。何と登録日は7月22日。太公望入口に登録書が掲げてあった。・・がRVパークの看板は未だ無いとのこと。このRVパークは電源設備のある駐車場が4台分あり利用料1,000円が必要だが電源を使わない場合は無料で車中泊が出来る。景色も良く、トイレも綺麗で24時間使えるのでお勧め。入浴はほぼ同じ距離にひょうたん島と癒しの湯の2か所がある。割引券もあるので利用しよう。石川県のRVパーク第1号だが第2号は道の駅「志賀」になるような話を聞いた。新聞に出ていたそうな。未確認情報です。

2015年9月17日(木)
つわものツアー「中井湾ふれあいパーク」/石川県

つわものツアー指定スポットは「中井湾ぼら待ちやぐら」。江戸時代から伝わる何とも原始的な漁法。やぐらのうえからボラが網に入るのを見届けて網を上げるという方法。中井湾には翌10kmほど離れた根木ポケットパークにも同じやぐらがあった。また現在放送中のNHK朝ドラ「稀/まれ」の舞台にもボラ待ちやぐらが登場する。

2015年9月15日(火)
湯YOUパーク「霧氷館」/岐阜県

今回が3度目の訪問。風呂は今一だがお目当ては「飛騨牛づくし御膳」。すき焼風、串焼き、牛刺身と色々楽しめお腹がいっぱいに。会席膳コースで一人4,800円。この他に車中泊利用料2,000円、入浴料500円がかかる。車中泊は旅館玄関前の駐車場か少し離れた第2駐車場が選べる。我々は静かで広い第2駐車場で車中泊。温泉は家族風呂で泉質は単純泉。泉温32.5℃、pH8.12。

2015年9月14日(月)
RVパーク木曽ふるさと体験館/長野県

7月24日にオープンしたばかりのRVパーク。旧黒川小学校の木造校舎を利用した体験交流施設がある。手打ちそば、草木染、五平餅作り、木工などの教室があった。車中泊エリアはグランド側と駐車場側の2か所に各2台分の電源が用意されていた。利用料は一泊2500円。夜間トイレがグランド側にしかなく駐車場側エリアとは少し離れているのが不便。翌朝出発時に朝採りトウモロコシ4本をお土産にいただく。近くの体験農場で採れたものだそうだ。ごちそうさま。とても甘かったです。入浴は近くの二本木の湯へ。割引券があり620円が550円に。泉質は炭酸水素塩冷鉱泉。

2015年9月14日(月)
RVパーク小黒川/長野県

小黒川渓谷キャンプ場に隣接したRVパークで電源設備付が4サイトある。イベントが開催される広場にあり1台分の駐車スペースも広い。炊事場もあり調理も可能。24時間トイレが無くキャンプ場管理棟横にあるトイレを利用するのが不便。キャンプサイト、バンガロー、釣り堀などがある。川遊びも出来る。使用料は一泊2,000円(電源、ゴミ処理含む)。

2015年8月22日(土)
RVパーク「鬼無里の湯」/長野県

国道406号線沿いにある温泉でホテルと5棟のコテージがある。ここホテル従業員用だった駐車場がRVパークになった。広い場所に利用可能台数が2台なので余裕がある。電源はコードリールで。炊事場もあり利用可能とのこと。但し生ごみは野生動物が荒らしに来るので専用のトレーに保管。24時間トイレもありホテルの閉まる23時以降はこちらを利用することになる。本日の利用者は神奈川県(湘南&相模)からの二組。神戸からのキャンパーは予約無しで入れず、ホテル駐車場で車中泊させてもらったようだ。温泉は23時までと翌朝6時からの朝風呂が楽しめる。RVパーク利用者は何度でも入浴できるのがうれしい。泉質は単純冷鉱泉。泉温11.2℃。pH8.1 。現在露天風呂が閉鎖中。夕食はホテル内のレストランで。信州サーモンの朴葉焼き、梅酒のりんご果汁割が気に入った。利用料2500円。入浴料510円。

2015年8月21日(金)
ぐるめパーク「イタリア料理 ノンナジーニャ」/長野県

東御市にあるイタリア料理のお店。道の駅「みまき」が近い。「御牧の湯」に入浴後お店へ向かうも場所がわからずオーナに電話して迎えに出ていただくことに。恐縮。18時過ぎ開店。今夜のお目当ては、ディナーコースと肉料理と魚料理とワイン。コースは前菜盛り合わせ、神奈川県産小ヤリイカのカラスミ風味、デザート、ジェラート、自家製パンにコーヒ。肉料理は熊本県産阿蘇牛の肩ロース肉のグリル。魚料理は神奈川県産ハナダイ。ワインは、夏向けおすすめワインの白と赤2種類。お腹もいっぱいになったところで駐車場をお借りして車中泊(利用料500円)。

2015年8月19日(水)
RVパーク八が岳高原「原村」もみの木/長野県

8月19日:富士見高原の別荘地を抜けたあたりに「樅の木荘」はあった。以前隣の「もみの湯」に来たことがある。RVパークは道向かいのテニスコートを利用。3台分の広いスペースがある。電源の鍵はフロントで手続きをすませるともらえる。24時間トイレは洋式でハンデキャップ用も完備。隣には温泉「もみの湯」があり@500円で入浴できた。泉質は硫酸塩・塩化物泉で泉温54.9℃。pH7.6。第三水曜日が休館日だったが8月は営業。お盆休み中は予約でいっぱいだったそうだが今日は空いていた。

2015年8月8日(土)
RVパークRAKUDA石巻/宮城県

8月7日:道の駅「大谷海岸」は気仙沼市本吉農林水産物直売センターになっており規模は小さいが食堂も営業されていた。丁度昼食時でもありふかひれラーメンと海鮮丼をいただく。
その後、「上品の郷」に立ち寄り4月の講演会でお世話になった太田駅長や小野寺さんにご挨拶し今夜のお泊り先のRVパークへ。ここは4月に出来たばかりでカフェ&レストラン&旅館&RVパークがある。RVパークはドッグランもあり快適。電気、入浴(温泉では無い内風呂)は無料で利用料金2000円。敷地内にはコインランドリーもある。今夜は4台で満車状態だった。
8月8日:東北道経由で自宅へ。

2015年8月7日(金)
道の駅・復興状況

8月6日:「のだ」~「たのはた」~「たろう」~「みやこ」へ。新しいシートピアなあどは1階が産直コーナ、情報コーナ、お土産コーナなどがあり、2階はレストランや研修ホール、体験学習室などがある立派な施設になっていた。
次いで「やまだ」へ。昨年訪れた時は仮設店舗だったが今年7月に新たな建屋で営業が始まっていた。
8月7日:「みずさわ」~「高田松原」へ。道の駅は震災遺構として取り壊されずに残っていた。敷地内には陸前高田復興まちづくり情報館と東日本大震災追悼施設があった。

2015年8月6日(木)
新しい道の駅/釜石仙人峠/岩手県

本年4月21日にオープンしたばかりの新しい道の駅。キャッチフレーズは「アユ躍る清流と甲子柿の里」。物産所には釜石の特産と味覚が勢ぞろい。大好物の「三陸海宝漬」を購入。白いごはんとこれさえあれば文句なし。スタンプ有。切符購入((No.149)。近くに入浴施設は無いが遠野まで行けば「たかむろ水光園」があり入浴できる。入浴後、遠野風の丘を経由し「東和」で車中泊。

2015年8月5日(水)
北海道・東北くるま旅

8月3日:今日は休養&洗濯日。南茅部保養センター近くの公園で洗濯し、のんびり休養。園内にはテントを張りBBQをする人も。
夕方今夜のお泊り地である函館へ。湯の川温泉 ホテル雨宮館の駐車場が今夜の車中泊地。湯YOUパーク指定で無料の入浴券2枚付きで利用料2000円。塩化物泉、泉温66℃、pH6.7。
8月4日:北海道最終日。09:10のフェリーで大間港に。浅虫温泉まで戻り入浴&車中泊。
8月5日:太平洋側の道の駅「七戸」~「六戸」~「はしかみ」を回り「久慈」で車中泊。入浴は久慈健康ランド「古墳の湯」。

2015年8月2日(日)
北海道くるま旅/伊達武者祭り

8月2日:第41回伊達武者祭りを見学。お目当ては武者行列。騎馬武者を初め総勢300名の甲冑武者が伊達小学校を出発し市役所までパレード。その後、カルチャーセンターへ移動し弓隊演武に続き広場内をパレード。お祭り広場には屋台が並び大勢の人で賑わっていた。
祭り見物の後、森温泉ちゃっぷ林館で入浴、入浴料430円。単純泉、泉温55.4℃、pH8.7、露天風呂正面に駒ヶ岳が見える。入浴を済ませRVパーク「よってけ駒ヶ岳」に立ち寄り、道の駅YOU遊もりにて車中泊。

2015年8月1日(土)
北海道くるま旅

7月31日:金山湖~南ふらの~自然体感占冠~樹海ロード日高~むかわで入浴&車中泊。
8月1日:白老三大祭り見物(三大とは、温泉、たらこ、かに)~みたら室蘭にて入浴&車中泊。

2015年7月30日(木)
北海道くるま旅/富良野滞在

7月30日:今日は富良野周辺散策です。まずは定番の「富田ファーム」へ。トラディショナルラベンダー畑、ささわいの畑、森の彩の畑・・どこの畑のラベンダーも満開を過ぎ黒く枯れていた。やはり7月中旬までが見頃らしい。チョット来るのが遅れてしまった。ラベンダー以外は季節ごとの花が上手く植えられており綺麗だった。ラベンダーオイル生産用の農場「ラベンダーイースト」にも立ち寄るもこちらも収穫が始まっていた。十勝岳ラベンダーロードは少し枯れていない花を見ることが出来た。何時もは日の出公園キャンプ場を利用するが今回は十勝岳登山道入口にある吹上ふれあいキャンプ場を利用することにした。利用料は500円と格安のせいか登山者以外の車中泊組も多かった。入浴は無料の露天風呂が近くにあるが脱衣場も無く、混浴なので女房が嫌がり白銀荘で入浴することに。入浴料600円。塩化物泉で泉温52.6℃,pH3.0と強酸性。

2015年7月29日(水)
北海道くるま旅/富良野へ

7月29日:道の駅「たきかわ」~「北竜」~「秩父別」~「深川」~「旭川」/この駅に隣接した大型スーパで買い出しした後、目的の富良野へ。セブンスターの樹、パッチワークの路、ケンとメリーの木、ぜるぶの丘、かんのファームと回りました。ラベンダーはが満開の時期を過ぎており多少残念でした。
今夜のお泊りは中富良野にあるスパ&ホテルリゾートふらのラテールです。ここは湯YOUパークにも指定されておりホテル駐車場での車中泊ができる施設です。天然温泉「万華の湯」への入浴料980円を払えば車中泊は無料でした。
ここの温泉は、塩化物泉で泉温41.8℃、pH7.5。足湯やコンビニ、スーパが隣接しており富良野散策のベースに最適でした。

2015年7月28日(火)
北海道くるま旅/RVパーク「滝川ふれあいの里」

7月28日:しんしのつ~つるぬまを経由し、今回の旅の目的の一つであるRVパークへ。施設使用料2000円。電気、水道、ごみ処理代全て込みの料金。温泉施設内にあり駐車スペースも広い。隣には18Hのパークゴルフ場もある。大きなコテージもある。凡そ5km離れたところには大きなスーパもあり買い物にも便利。今まで利用した全てのRVパークの中で一番快適だった。
通常RVパークでは料理が出来ないことになっているがここには立派な炊事棟がありジンギスカンBBQが楽しめた。

2015年7月27日(月)
北海道くるま旅

7月27日:竹鶴政孝(マッサン)とリタの足跡を訪ね歩く。ローソク岩を見た後、小樽を経由し札幌へ。中央卸売市場内の北の漁場にて昼食。特盛海鮮丼が美味しかった。昼食後は羊ケ丘展望台へ。クラーク博士像の前で記念写真を撮り、今夜の車中泊駅の「三笠」へ。隣接の太古の湯に入浴。入浴料@480円。塩化物泉。泉温28.2℃,pH8.3。

2015年7月26日(日)
北海道くるま旅

7月25日:「遊YOUもり」近くのコインランドリで洗濯したのち黒松内へ。お目当ては石釜ピザ。昼食にピッタリ。とても美味しい。この後、昆布温泉「幽泉閣」でのんびり休憩。ここのお湯は塩化物泉。泉温は53.4℃,pH8.2.。入浴料@500円。夕方ニセコヘ。ビュープラザで車中泊。
7月26日:今回の目的の一つ。新しくオープンした道の駅「赤井川」へ。農産物直売所、パン、ジェラートなどがあり賑わっていた。駅からおよそ5.5km離れたところにある「赤井川カルデラ温泉」へ。入浴料@400円。塩化物泉で泉温56.8℃。pH8.5.。入浴後キロロリゾートに立ち寄り余市へ。NHK朝ドラ”まっさん”のロケ地を回り道の駅にて車中泊。

2015年7月24日(金)
東北・北海道くるま旅
7月20日:小淵沢の別荘を出発し、「あらい」で昼食&夕飯のおかずを仕入た後燕温泉へ。岩戸屋で入浴。入浴料700円。塩化物泉で泉温44.8℃、pH6.4.乳白色は湯の華のせい。
7月21日:日本海側を北上。「朝日」で入浴&車中泊。併設の温泉「まほろばの湯」は入浴料500円。塩化物泉で泉温66.1℃,pH7.7.
7月22日:今日も日本海側の道の駅を回りながら北上。「鳥海」で昼食&岩牡蠣&夕食用に銀カレイ、サーモンを購入。「岩城」で入浴&車中泊。入浴は港の湯。入浴料300円。塩化物泉、泉温39.5℃,pH7.3
7月23日:初めての雨。男鹿から「ふたつい」、「たかのす」を経由して青森県に入り「いかりがせき」で昼食。今回の目的の一つである”たんぼアート”を見る。第一会場は風と共に去りぬの有名なシーンを、第二会場ではスターウオーズ/フォースの覚醒を見学。この後、「浅虫温泉」にて入浴&車中泊。
7月24日:14:10のフェリーで大間港から函館へ。「南茅部」にて車中泊。入浴は何時ものかやべ保養センターへ。
2015年6月30日(火)
ぐるめパーク「清里豚丼・陣正」/山梨県

ぐるめパーク第2号店は以前清里の森ファッションモール内にあった陣正が甲斐市竜王に移転し新店舗で開業した。メニューは変わらず丼に特盛の更に上・ギガ盛りもある。私は桜ポークMIX丼の並を、妻は放牧豚MIX丼の並を注文。炭火で焼いた柔らかい肉が少し甘みのタレとマッチして相変わらず美味しい。車中泊スペースは50mほど離れた陣正第2駐車場に3台分のスペースがあった。夜間トイレはお店の裏手に簡易トイレが置かれていた。20号線沿いで向かいが健康パレス「湯トピア」なのでここを目印にすると行きやすい。

2015年6月28日(日)
ぐるめパーク「カナディアンファーム」/長野県

くるま旅クラブで新たに設定された「ぐるめパーク」。美味しいものを食べてそのまま車中泊が出来る施設。その第1号が原村の森の中にある「カナディアンファーム」。ケベックの家庭料理が自慢。我々は、牛ホホ肉ケベック風煮込み+ランチセット(スープ、サラダ)とサーモンステーキをいただく。この他にもハンバーグやチキンバーベギューロースがお勧めとのこと。車中泊スペースは2台。夜間トイレはレストラン裏手に和式と洋式が各1あった。車中泊利用者は未だいないとのこと。日曜日のランチタイム時ということもあって6組の方が食事をされていた。景色も雰囲気も料理も最高。

2015年6月14日(日)
新しい道の駅「FARMUS木島平」/長野県

木島平村の工場跡地に5月1日オープンした駅。工場だっただけに天井が高い。鉄骨部分は木で目隠しされていた。和室・畳の休憩所もあった。レストランではランチもディナーもフルコースの料理が@12,000円で食べられる。この他にもピザやオムライスもあった。スタンプあり。記念切符は未発売。

2015年6月8日(月)
開成町あじさい祭り/神奈川県

今年で第28回目となる「あじさい祭り」が開催された。期間は6月6日~14日まで。大混雑が予想される開催直後の土・日曜日を避け月曜日に行くも臨時の駐車場まで満車の状態。幸い近くのあしがり郷・瀬戸屋敷近くの駐車場に止めることができ、ここから歩く。あじさいロードには紫系のクラウン、赤系のクリーンシャドー、白系のアナベルなど凡そ5000株のあじさいが見頃を迎えていた。今年は、出店の数も多く、バケツで水をあげるあじさいポイントなるものまで設置されていたが昨年あった展望台は危険ということで今年は設置されなかった。美味しい「郷弁」を食べのんびりと過ごしてきました。

2015年5月31日(日)
新しい道の駅「玉村宿]/群馬県

今日グランドオープンを迎えた道の駅。9時には広い駐車場も満車となり近くの臨時駐車場に車を入れる。10時、関係者によるテープカットが行われ、直売所がオープン。入場待ちの長蛇の列でイベント広場も直売所も大混雑。ケータリングカーやテント屋台も出店。スタンプは直売所出口にあった。記念切符は未発売とのこと。オープニングの喧騒が一段落したころにもう一度ゆっくり訪問することにして関越道高崎玉村スマートインターから帰宅の途に。

2015年5月31日(日)
RVパーク「ドッグランWANport/群馬県

日本3大うどんの一つ「水沢うどん」で有名なうどん街道の入り口にあるRVパーク。広いドッグランとカフェがある。駐車台数は2台。一泊料金は1500円。ゴミ処理、電源使用料込みなので格安。犬連れにはお勧めのRVパークだ。

2015年5月30日(土)
新しい道の駅「あがつま峡]/群馬県

日光街道を走り、天神平~赤沼へ。ここで駐車し竜頭の滝までの遊歩道を歩く。散策の後、「白沢」に立ち寄り昼食。~中山盆地を経由し未訪問だった新しい駅「あがつま峡」へ。この駅は昨年10月11日から供用を開始していた。
足湯、ドッグラン、農産物直売所、吾妻峡温泉「天狗の湯」がある。夜間トイレが小さいのが難点だがそれ以外は満足できる駅だった。天狗の湯は町営日帰り温泉で入浴料400円。泉質は塩化物泉。スタンプ有。記念切符あり(No.674)購入。今夜はここで車中泊

2015年5月29日(金)
新しい道の駅「日光」/群馬県

「しもつま」~「にのみや」~「うつのみやロマンチック村」を経由し、4月27日から供用を開始したばかりの新しい駅「日光」へ。到着時はすごい人出で駐車場に入れず。止む無く先に温泉へ。11km離れた「日光市温泉保養センター、かたくりの湯」へ。65歳以上は@340円だった。アルカリ性単純泉。泉温42℃、pH9.3.
道の駅は日光街道沿い、今市にあり場内にコンビニ(セブン)、道向かいに大型スーパもあり観光拠点としても至便。演歌の好きな方なら船村徹記念館が併設されているので是非訪問を。
別名「日光街道・ニコニコ本陣」/月光仮面をもじったキャラクタ日光仮面がお出迎え。今夜はここで車中泊。

2015年5月28日(木)
新しい道の駅「発酵の里こうざき」/千葉県

4月29日から供用を開始したばかりの新しい駅。日本の「おいしい文化」を伝えたい・・がキャッチフレーズ。・・。というわけで日本酒、味噌、醤油など日本が誇る発酵食品がずらりと。カフェ&レストランでは大海老フライのランチが好評。24時間営業のコンビニ(ファミマ)もあり便利。大型車用の駐車場が50台分あるのは珍しい。この駅で泊まらずお隣の駅「水の郷さわら」で車中泊。
入浴は白帆の湯へ。入浴料@700円。改装され綺麗になっていた。スタンプ有。記念切符は未発売。

2015年5月6日(水)
新しい道の駅「くるら戸田」/静岡県

4月1日から供用を開始した新しい駅。日帰り入浴施設「壱の湯」が目玉。温泉以外には物産販売所や軽食コーナがある。私は「ビントロアブリ丼」を妻は「サーモンクリームパスタ」をいただく。温泉は入浴料500円。泉質は硫酸塩泉。泉温51.8℃。pH9.7。
スタンプ有。記念切符(No.396)購入。

2015年5月5日(火)
新しい道の駅「もっくる新城/愛知県

3月21日から供用を開始した新しい駅。奥三河の木材をふんだんに使った人に優しい木造2階だての施設となっている。物産店舗、フードコート、観光案内所、足湯などがあり凄い混雑だった。イノシシやシカのジビエが特徴。期待したししラーメンも宍肉のカレーも売り切れていて食べられませんでした。駅で紹介された湯谷温泉へ出かける。日帰り入浴施設鳳来ゆ~ゆ~ありいなは入浴料610円。塩化物泉で泉温35.9℃。入浴後駅に戻ると閉店時間で人も車も減っていたのでここで車中泊することに。

2015年5月5日(火)
新しい道の駅「三方五湖」/福井県

3月21日にオープンした駅で三方五湖の南に位置している。特産品直売所、体験施設などがある。観光案内所には案内人が常駐。レンタサイクルも常備。みかた湖~水月湖の東岸、全長約11kmにわたる若桜自然歩道サイクリングコースが満喫できる(4時間500円)。2階はウッドデッキになっており三方五湖が一望できる。スタンプ有。記念切符(No.510)購入。

2015年5月4日(月)
新しい道の駅「越前」/福井県

昨年11月に供用を開始した新しい駅。越前加賀海岸の中央部に位置し、温泉、泳ぐ、食べる、買う、知る・・すべてが揃った施設。越前ガニミュージアムも併設されておりカニ文化に出会える。海遊歩道が楽しめる。越前温泉露天風呂「漁火」は雄大な海を見ながら入浴できる。泉質は炭酸水素、塩化物泉。泉温40.1℃、pH8.2入浴料510円。GW真っ最中で駐車場は満杯で隣のグランドが開放されていた。スタンプ有。記念切符(No.697)購入。今夜はここで車中泊。

2015年5月4日(月)
新しい道の駅「一乗谷あさくら水の駅/福井県

4月4日から供用を開始した新しい駅。人と水との関わりをテーマとしたビオトープ(6月には蛍も)、3連水車(粉ひき小屋)、体験農園(米・野菜)などがある。軽食コーナには福井名物のおろしそばや焼き鯖ドックもある。特産品は一乗谷ジンジャエール
スタンプ有。記念切符(No.354)購入。

2015年5月4日(月)
北陸スタンプラリー/新潟県・富山県・石川県

4月23日、新潟県の「笹川流れ」から始め、5月4日、石川県の「山中温泉ゆけむり健康村」で終了。
道の駅スタンプラリーは北陸を除き制覇済だったが休眠中だった北陸道の駅連絡会が再開を決めてくれた。今回の期間は2014年8月1日から2016年8月31日までの二年間で新潟37駅、富山14駅、石川23駅が対象となっている。
23日:新潟県「笹川流れ」~「朝日」~「神林」~「関川」~「胎内」(リニューアルされていた)~「加治川」~「豊栄」~「新潟ふるさと村」。
24日:佐渡島へ周遊後「芸能とトキの里」。
25日:佐渡島から戻り「花夢にいつ」~「阿賀の里」~「みかわ」~「国上」。
26日:「良寛の里わしま」~「越後出雲崎天領の里」~「西山ふるさと公苑」~「パティオ新潟」~「漢学の里しただ」~「R290とちお」~「いりひろせ」~「ゆのたに」~「越後川口」~「ちじみの里おじや」。
27日:「風の丘米山」(休館中・½ÀÝÌßは痴娯の家に)~「じょんのびの里高柳」~「瀬替えの郷せんだ」~「まつだいふるさと会館」~「クロス10十日町」~「南魚沼」~「みつまた」。
28日:「雪のふるさとやすづか」~「よしかわ杜氏の里」。
29日:「あらい」~「ウミテラス名立て」~「能生」~「親不知ピアパーク」~「越後市振の里」/新潟県を終わり富山県へ。「うなずき」~「ウエーブパークなめりかわ」。
30日:「細入」~「庄川」~「井波」~「利賀」~「たいら」~「上平」~「福光」~「倶利伽羅源平の郷」/石川県~「メルヘンおやべ」。
5月1日:砺波チューリップフェアーから「万葉の里高岡」~「カモンパーク新湊」~「氷見」。
2日:「いおり」~「能登食祭市場」~「のとじま」~「中島ロマン峠」~「能登空港」~「桜峠」~「すずなり」~「狼煙」~すず塩田村」~「千枚田ポケットパーク」(駅も千枚田もリニューアル)~「輪島」。
3日:NHK朝ドラ「まれ」のロケチ散策&輪島の朝市見学~「赤神」~「とぎ海街道」~「ころ柿の里しか」~「織姫の里なかのと」~千里浜ドライブ~「高松」~「内灘サンセットパーク」。
4日:「しらやまさん」~「一向一揆の里」~「瀬女」~「こまつ木場潟」~「山中温泉ゆけむり健康村」/北陸スタラリ最終駅。検証を受け提出。参加賞の非常用万能トイレをいただく。

2015年4月28日(火)
RVパーク「霧が岳温泉ゆあみ」/新潟県

国道253号線沿いにあり、日帰り入浴施設、レストラン、オートキャンプ場、バーベギューコーナ、遊具などの設備もある。霧が岳への登山口でもあり登り120分、下り90分との標識もあった。
電源は入口の看板の裏に配電盤がありここからリールコードで引き回すことになる。温泉は冷鉱泉で入浴料500円。丁度八重桜が満開。駐車場には除雪した雪が小山となって残っていた。

2015年4月21日(火)
RVパーク「山武温泉さくらの湯」/宮城県

栗駒山麓、荒砥沢ダム近くにある山武温泉の駐車場に10台分の駐車スペースがあった。いずれも電源BOXが側にあり、サイドオーニングを開いてゆっくりくつろげるだけの広さも確保されていた。名水があり無料で分けていただけた。またここはチョウザメの養殖でも有名で、お魚クンやNHKも取材に訪れていたようだ。チョウザメは北海道の道の駅「びふか」でみたことがあるがことらの葉けた違いに大きい。チョウザメ料理もいただけるようだがトライしなかった。さくらの湯は天然温泉(単純泉、泉温33℃、pH7.3)+ラジウム鉱石入り。入浴料500円。夕方オーナーさんから山菜の天麩羅が差し入れられた。謝謝。
八重桜とカタクリの花が咲いていた。月末には山菜取りのイベントもおこなわれるとのことでした。

2015年4月20日(月)
上品の郷10周年記念講演/宮城県

4月19日、上品の郷開業10周年記念感謝祭の一環として開催された。会場のレストラン栞には道の駅関係者、納入業者、新聞社、JA,農協など120名を超える来場者を前に「道の駅の楽しみ方」、「変わる道の駅」、「地域活性の拠点として活用」などの内容で話した。この後来場者と一緒にバイキング形式での懇親会に参加し意見交換を行った。講演会の内容は4月25日付けの石巻日日新聞でも大きく掲載された。
翌20日、駅長さんや直売所の所長さんの案内で東日本大震災の被災地である北上川河口付近、全校生徒108人中74人が亡くなった大川小学校、仮設住宅、園児5人が送迎バスで亡くなった日和幼稚園などを回った。改めて津波の大きさ怖さを実感した。
あれから4年が経った今も復興は遅々としたものだった。合掌。

夜は追分温泉峠の湯に宿泊。山海の珍味が並び食べきれず。湯治場の雰囲気が残る閑静な温泉宿だった。

2015年4月18日(土)
RVパーク「まほろばの湯」/宮城県

蔵王山の麓、遠刈田温泉にあるRVパーク。およそ300戸ある別荘地入口にある日帰り温泉施設「まほろばの湯」駐車場奥に8台分のスペースと電源BOXがあった。難点は夜間トイレが無いこと。別荘管理棟のトイレが使えるようだが20時には鍵がかかっていて使用不可。温泉は源泉かけ流しの塩化物泉。泉温45.9℃、pH7.9 、施設内に食事処くぬぎ庵もあるが我々は道向かいの炭火焼肉店へ。ここのディナーセットは安くてボリュームもあった。
別荘地内はちょうど桜が満開だった。サイクリングロード、遊歩道もあり快適な環境。

2015年4月17日(金)
RVパーク「みはらしの湯」/栃木県

オーナーさんの手作り感が伝わってくるRVパーク。高台にあり眺めも良い。入口への看板が小さく分かりづらかったが親切な地元のおじさんが軽トラで案内してくださった。24Hrトイレ、水場、洗濯、ゴミ処理、駐車スペースなど満足。電源BOXは14台分もあった。唯一不満は風呂。小さなお風呂が一つで男女入れ替え制?みはらしの湯は温泉では無く地下水湯くみ上げの沸かし湯。オーナーさんはZILに乗っておられましたよ。

2015年3月31日(火)
中央運動公園の桜/神奈川県

自宅周辺の桜はどこも満開となった。今日は水無川沿いと公園を散策してきた。芝桜も8分咲きとなり桜並木に色を添えていた。
秦野市街地の桜並木、三嶋神社の枝垂れ桜、弘法山周辺の桜も満開だった。

2015年3月30日(月)
新しい駅「こすげ」/山梨県

H27年3月29日、多摩川源流小菅村にオ-プンした新しい駅。隣接の小菅の湯には一度来たことがあるがここに新しい駅が出来たんだ。物産館でこんにゃくの加工品と酒まんじゅうを買い、源流レストランでは可愛い石窯で焼かれたピザとポーク料理を食べる。小菅の湯は入浴料620円、単純泉だが露天は炭酸泉のようだった。泉温25.3℃、pH9.93と高濃度アルカリ性で肌もつるつるに。スタンプあり、記念切符(NO.179)あり。無線LANは×になっているがFreeSpotはあるようだ。

2015年3月17日(火)
梅と桜/神奈川県

3月5日:秦野にある戸川公園へ弁当持参で出かける。チューリップはまだまだだったが河津桜は満開。梅も満開だった。
3月16日:小田原市根府川で開催中の「おかめ桜まつり」を見に行く。早咲きのおかめ桜は満開で小さな花弁の濃いピンクが可愛い。会場は2か所。きのこ苑おやまの大将とはなれの宿星が山オーランジュガルデン。駐車場が少ないせいか根府川駅から歩く人が多かった

2015年3月2日(月)
桜まつり・伊豆/静岡県

2月27日~28日:早咲きで有名な河津桜を見に伊豆へ。河津はちょうど満開で大勢の人で賑わっていた。川沿いを散歩し、原木を見て、お土産の甘夏を買いました。この後南伊豆へ。道の駅「開国下田」に立ち寄ったあと下賀茂温泉へ。こちらも桜は満開だった。川沿いを菜の花祭りの会場まで歩く。菜の花も満開だった。銀の湯会館に入浴。塩化物泉。@700円。川沿いの桜並木はライトアップされ夜景もきれいだった。道の駅「下賀茂温泉」にて車中泊。今年も協力金名目で駐車料金500円を徴収された。朝起きてびっくり。駐車場は車中泊の車でいっぱい。まるでキャンピングカーの展示場のようだった。
帰途、伊豆の国市へ。イチゴ大福が有名なイチゴプラザの近くに、昨年9月に「世界遺産国内推薦資産」に決定した「韮山反射炉」があり此処へ立ち寄る。幕末のころにこのような優れた溶鉱炉があったとは驚きです。

2015年2月24日(火)
梅まつり:小田原梅まつり/神奈川県

1月31日~3月1日まで開催中の小田原梅まつりへ。2か所の会場を回ってきました。
2月19日:曽我梅林「別所梅林」へ。十郎、白加賀などの白梅は満開。紅梅や枝垂れ梅はこれからという感じだった。梅見物のあとおにぎり持参でハイキングコースを歩く。見晴らし台からは富士山、相模湾、箱根連山、足柄平野が一望できました。
2月24日:小田原城へ。こちらでは紅梅も咲いていた。早咲きの河津桜も満開だった。お堀端をぐるっと散歩。このコースは桜のころがお勧め。

2015年2月7日(土)
キャンピングカーは冬眠中

キャンピングカーSKIP号は昨年12月にカムロード系エンジン部分の燃料パイプ部分のリコールでパイプ交換を実施した後、冬眠に入りました。・・・というわけで1月はおとなしくしていました。
元旦は朝一で近くの三宮神社に初詣。午後から吹雪になり5cmの積雪。3日は子供や孫が集まり賑やかに過ごし、5日に初歩きで弘法山へ。13日、20日も山へ。この時期富士山がとても綺麗。30日にはまたまた雪が降り大山も雪化粧に。
2月6日、二宮にある吾妻山公園で開催中の菜の花ウオーキングに参加。展望台の桜はまだまだだったが菜の花は満開。富士山も相模湾も綺麗に見えました。早く暖かくならないかな・・・(SKIP号の冬眠明けは何時になるのかな?)